水まわりピカピカ大作戦♡ ~キッチン編~

こんにちは!松井です♪
前回の浴室編に引き続き、今回ご紹介するのはキッチンのお掃除編です(^^)/!

油汚れがつくキッチンそうじのポイントは
油汚れをそのままにしないで、余熱が残っているうちに拭き取ることです。
こびりついてしまった汚れは、いきなり洗剤をつけても取れないので
ぬるま湯をかけたり、つけ置きしたりして汚れをゆるめることがコツです★

■キッチンのおそうじ
①シンク・排水口
【使用するおそうじ用具】
*やわらかい布
*スポンジ
*歯ブラシ
*台所用中性洗剤
*クリームクレンザー
*水栓金具用クリーナー

<シンク>
・ふだんはぬらしたスポンジに中性洗剤をつけて磨き、洗い流して乾拭きします。

★ステンレスのくもりは水アカが原因です。
スポンジにクリーナーかクレンザーをつけて磨き、洗い流して乾拭きします。

<排水口>
・菊割れゴムを外し、スポンジに中性洗剤をつけてこすり洗いします。
・網かごは、スポンジで洗ってから歯ブラシで網目をこすり洗いします。
・排水トラップとわん、排水口の内側も歯ブラシでこすり洗いし、ヌメリを取り除きます。
・たっぷりの水で洗剤や汚れを洗い流し、元通りにセットします。

★排水口の形状によっては、部品やおそうじの方法が異なりますので
キッチンの取扱説明書をご確認ください。

②水栓金具
【使用するおそうじ用具】
*やわらかい布
*歯ブラシ
*クリームクレンザー
*水栓金具用クリーナー

・ふだんは水拭きで汚れを取り、乾拭きします。

★根本についたしつこい汚れは、歯ブラシにクリーナーやクレンザーをつけて磨き
洗い流して、乾拭きします。

③カウンター
【使用するおそうじ用具】
*やわらかい布
*スポンジ
*メラミン系スポンジ
*台所用中性洗剤
*水栓金具用クリーナー

<クリスタルカウンター>
・布かスポンジに中性洗剤をつけてこすります。
・落ちにくい汚れや擦り傷は、メラミン系スポンジに水をつけて軽くこするように磨きます。
・固く絞った布で拭き取り、乾拭きします。

<人口大理石・メラミンカウンター>
・布かスポンジに中性洗剤をつけてこすります。
・メラミン系スポンジに水をつけて軽くこするように磨きます。
・固く絞った布で拭き取り、乾拭きします。

<ステンレスカウンター>
・ぬらしたスポンジに中性洗剤をつけてこすります。
・落ちにくい汚れはクリーナーをつけ、磨いて落とします。
・固く絞った布で拭き取り、乾拭きします。

④壁
【使用するおそうじ用具】
*やわらかい布
*スポンジ
*キッチンペーパー
*歯ブラシ
*台所用中性洗剤
*油汚れ用弱アルカリ性洗剤
*クリームクレンザー

・ふだんは調理が終わったら、固く絞った布で拭いて乾拭きします。

<キッチンパネル>
・布に中性洗剤をつけて拭き、水拭きして乾拭きします。

<タイル壁>
・キッチンペーパーを壁にあて、弱アルカリ性洗剤をスプレーします。
・油汚れが浮いてきたら、スポンジでこすります。
・目地部分は、歯ブラシにクレンザーをつけて磨きます。
・固く絞った布で拭き取り、乾拭きします。

⑤床
【使用するおそうじ用具】
*やわらかい布
*ペーパーモップ
*住宅用弱アルカリ性洗剤

・ふだんは、固く絞った布で拭きます。
★時々は、弱アルカリ性洗剤を水で薄めた駅に布をひたして軽く絞り
ペーパーモップに巻きつけて拭きます。水拭きして乾拭きで仕上げます。
★クッションフロアは、接着部分や端に水が染み込むと、はがれの原因に
なることがありますので、水拭きの際には固く絞った布で行ってください。

⑥キャビネット
【使用するおそうじ用具】
*やわらかい布
*スポンジ
*割りばしに布を巻きつけたもの
*台所用中性洗剤

・カウンターを拭くついでに、水拭きして乾拭きします。
取っ手などの細かい部分は、割りばしに布を巻きつけたものを使います。
・カビ予防のために、時々扉を開けて風を通します。

★時々は中のものを全部取り出し、固く絞った布に中性洗剤をつけて拭きます。
洗剤成分がのこらないように、水拭きして乾拭きします。
★プラスチックトレイにつく縞模様などの汚れは、静電気が原因です。
スポンジに中性洗剤をつけて洗い流し、水気を拭き取ってください。

⑦コンロまわり
【使用するおそうじ用具】
*やわらかい布
*スポンジ
*歯ブラシ
*竹串
*台所用中性洗剤
*クリームクレンザー
*水栓金具用クリーナー

<プレート>
・ふだんは温かいうちに絞った布で拭きとり、さび防止に乾拭きします。

★汚れがひどいときは、スポンジに中性洗剤をつけて円を描くように磨きます。
水拭きして乾拭きします。

<ゴトク・汁受け皿>
・シンクにポリ袋を敷くか排水フタで栓をして、35~40℃ほどの湯をためて
中性洗剤を溶かします。
・その中につけて5~10分おき、汚れがゆるんだらスポンジや歯ブラシに
クレンザーをつけてこすります。
・お湯で洗い流し、水気を拭き取ります。

<バーナーキャップ>
・竹串を穴に差し込んでそうじします。
汚れを放っておいて目詰まりを起こすと、熱効率が低下したり
不完全燃焼の原因にもなるため危険です。

◎トッププレートの種類
[ホーロー]
金属の表面にガラスを焼き付けています。
汚れがこびりつきやすいので、汚れがついたら早めに拭いてください。

[ステンレス]
丈夫ですが、ナイロンたわしなどでこすると傷がつきます。
布かやわらかいスポンジにクリーナーかクレンザーで磨きます。

[フッ素コート]
汚れを取りやすくしたコーティングです。
固いものでこすると剥げてしまうので、乾いた布かやわらかい紙で汚れを取ります。

[結晶化ガラス]
耐熱性が高く、鍋などを落としても割れにくいガラスです。
汚れがひどいときは、アルミホイルを丸めてクリームクレンザーをつけて
こすり取ります。仕上げは水拭きして乾拭きします。

⑧レンジフード
【使用するおそうじ用具】
*やわらかい布
*歯ブラシ or レールブラシ
*スポンジ
*台所用中性洗剤
*クリームクレンザー

<フィルター>
・取り外してぬるま湯をかけて汚れをゆるめ、ぬらした歯ブラシかレールブラシでこすります。
・スポンジに中性洗剤をつけて磨き、洗い流して水気を拭きます。

<取り外せる部分>
・電源を切り、換気扇・シロッコファン・整流板・オイルパックなどを取り外します。
・ぬるま湯をかけて汚れをゆるめ、スポンジに中性洗剤をつけて洗います。落ちにくい汚れは
歯ブラシにクレンザーをつけて洗います。洗い流して水気を拭きます。

<取り外せない部分>
・ぬるま湯で固く絞った布で拭きます。
・しばらくおいてから、中性洗剤をぬるま湯で薄めた液に布をひたし、固く絞って拭きます。
水拭きして乾拭きします。

★必ず電源を切っておそうじしてください。
★商品によって取り外せる部分が異なりますので、取扱説明書をご確認ください。
★故障の原因になりますので、モーター部分には水や洗剤をかけないでください。

◎レンジフードの油汚れが取れない場合
【使用するおそうじ用具】
*スポンジ
*歯ブラシ
*割りばし
*キッチンペーパー
*台所用中性洗剤
*クリームクレンザー

・割りばしなどでゴム状になった汚れを削り落とします。
・シンクにポリ袋を敷くか排水フタで栓をして、35~40℃ほどの湯をためて
中性洗剤を溶かします。
・汚れのひどい部分を下にしてつけ、20~30分おきます。汚れがゆるんだらゴム手袋をして
油汚れをペーパーに取りながら、スポンジや歯ブラシでこすります。
・汚れが落ちないときは、歯ブラシにクレンザーをつけてこすります。
・スポンジに中性洗剤をつけて泡立て、残りの汚れをからめ取ります。
・お湯で洗い流し、水気を拭き取ります。

★アルミ部分やフッ素コーティングの部品やフード本体の塗装は、酸性・アルカリ性の洗剤が
長時間ついた状態になると、変色したり塗装が剥がれてしまうことがありますので、ご注意ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
いかがでしたか?
これで、キッチンもピカピカになり、今年の大掃除はカンペキですね∩( ´∀`)∩
水まわりのおそうじ特集は今回のご紹介で最後です。
今後もまた、おうちの他の部分のおそうじ方法もご紹介していきますね(^^)/♪

関連記事

最近の記事

  1. 2019.11.7

    趣味の部屋
  2. 2019.11.3

    収穫の秋
PAGE TOP