新顔

先週 パナソニック リビングショウルーム福井へ カタログを受け取りに行くと、展示されている商品の一部が変わっていました。

キッチンと食卓が一緒になった「いろりダイニング」が増え、床材も複数変わって 個性的なフレンチヘリンボーンの雰囲気も実際に見ることができます。

建材も時代によって流行りがあるようで、築45年の私の実家の床は正方形の中に寄木細工のように組んだ柄の床材が使われていました。現在はリフォームをして一方向へ木目が流れる一般的なフローリングに変わりましたが、子供の頃に見慣れた懐かしい床が未だに好きです。人によって好みは分かれるところですが、手に入りやすい価格帯に フレンチヘリンボーンや市松模様のスクエアブロックなどの床材が増えてきて いいぞぉと一人喜んでいます。

関連記事

最近の記事

  1. 2019.11.7

    趣味の部屋
  2. 2019.11.3

    収穫の秋
PAGE TOP