増税目前!リフォーム工事の時期について

こんにちは♪松井です!
今年の10月より、消費税率が8%から10%に引き上げされます。
住宅のリフォームをするとなれば、工事にかかる金額も大きくなってくることが多いので
2%でも大きな差になってくることが考えられます(´ω`)
そこで今回は、リフォームをするタイミングにおける
メリット・デメリットについて、お知らせします(^^)/

■工期が長くなる大規模リフォームはタイムリミットを意識
どのようなタイミングで進めれば、増税の影響が少なくできるのか。
みなさんが気になるところだと思います(`・ω・´)
リフォームを行う場合、請負契約が2019年3月31日までに成立していれば
引き渡しが2019年10月1日以降になっても、消費税率は8%に据え置かれます。

また、請負契約が2019年3月31日を過ぎてしまった場合には、引き渡しが
2019年9月30日までに完了すれば、消費税は8%のままになります。

消費税率8%でのリフォームをご希望の場合は、まずは請負契約を
2019年3月31日までに成立することを目指して進めるのが無難だと思います。
そして、請負契約を交わす時期が間に合わなかった場合は
2019年9月30日までの引き渡しを目指す、と考えておくとよいと思います。

当社でも、お客様のご希望に沿えるように全力で対応させていただきますが
増税前はご依頼が増えることが予想されるため、リフォームをお考えの方は
早めにご決断をされると、スムーズに進めることができると思います(^^)

なお、消費税率10%でリフォーム工事をされると「次世代住宅ポイント制度」
対象となりますので、その場合には様々な商品と交換ができるポイントをもらうことができます。

※「次世代住宅ポイント制度」・・・消費税率引上げ前後の需要変動の平準化を図ることを目的として
消費税率10%で購入する住宅の新築やリフォームに対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度です。
対象になるための諸条件がありますので、そちらの詳細はまた次回お知らせします(^^)

■まとめ
【消費税率8%でのリフォーム】
対象:~2019年3月31日までに請負契約 または、2019年9月30日までに引き渡し
メリット:増税前の税率でリフォームができる
デメリット:次世代住宅ポイント制度の対象外

【消費税率10%でのリフォーム】
対象 :2019年4月1日以降の請負契約で かつ、2019年10月1日以降の引き渡し
メリット :次世代住宅ポイント制度の対象
デメリット:増税後の税率でリフォームになる

今回は、消費増税におけるリフォーム時期についてのお知らせでした★
次世代住宅エコポイント制度など、当社でもいろんな情報を収集していきますので
そちらについてもまた、みなさまにお知らせしていきます(=゚ω゚)ノ

関連記事

最近の記事

  1. 2019.06.18

    安全大会 2019
  2. 2019.06.13

    委員会活動♪
PAGE TOP