今日は何の日?~風呂の日~

こんにちは(^^)/松井です♪
秋ごろまでは気温が高い日が続きましたが、立冬を過ぎて最近はめっきり寒くなりましたね。
我が家のモミジが、今年はキレイに赤く色付きました★
少しずつ葉が散っていますが、まだしばらく楽しめそうです( *´艸`)

さて、こんな寒い時期は、お風呂にゆっくり入りたくなりますよね★
本日、11/26は『風呂の日』です。
なぜこの日が「風呂の日」なのかと言うと、11月26日が「いい(11)ふろ(26)」という
語呂合わせが由来と言われています。

お風呂に入ることによって肉体疲労を取るということは広く知られていますが、お風呂に入るメリットは他にもあるんです(^^)
寝る1時間前を目安にしてお風呂に入ると寝付きが良くなり、さらに眠ってからの睡眠も深くなって良質な睡眠が取れます。
ダイエットにも効果があって、お湯につかることによって代謝が上がり脂肪が燃焼しやすい身体を作ることもできます。

そんなメリットがたくさんあるお風呂ですが、冬の入浴は「ヒートショック」に注意が必要です。
「ヒートショック」とは、急激な環境温度の変化で血圧が大きく変動する症状のことですΣ(゚Д゚)
脳梗塞や心筋梗塞などの深刻な疾患につながる危険性があり、特に冬の入浴時に起こりやすくなります。
高齢者や血圧の不安定な方はもちろん、若い健康な方にも起こることがあるので注意が必要です。

■ヒートショックを起こさないための予防法
・入浴前と入浴後に水分を補給する
入浴すると汗をかき、体内の水分が減って、血液がドロドロになります。
その状態では血栓ができやすく血圧が上がると脳梗塞や心筋梗塞になりやすいため、入浴前と後で水を飲むことで
血圧や血流の変動による脳疾患などを引き起こさない状態を作っておきましょう。

・食後1時間以上空けてから入浴する
食後は消化器官に血液が集まり、血圧はやや低くなっています。
そこに入浴をするなど血圧を上げる行動をすると、血管内の変動がより大きくなり、ヒートショックを引き起こしやすくなります。

・お酒を飲むなら入浴後に
飲酒すると、血管が拡張し血圧低下を起こしたり、体の反応も低下して転倒しやすくなります。
危険性が高まるので、飲酒後の入浴は避けたほうが良さそうです。
人の体温が一番安定する時間帯は16~19時といわれており、この時間帯に入浴が推奨されています。
ご高齢でお酒が飲みたい方は、夕方入浴して、その後晩酌にしてはいかがでしょうか。

・脱衣所や浴室は暖かくしておく
暖かい部屋から寒い脱衣所に行くと、血管が縮んで血圧が上がります。
逆に、お湯に浸かると血管が広がって血圧が下がります。
この急激な変化がヒートショックの原因となることが多いので、前もって暖めておくことが必要です。
脱衣所は暖房器具などで、浴室に暖房がない場合は浴槽のフタを開けるなどして、寒暖差を少しでもなくしておきましょう。

・湯船につかる前に体を温める
寒いからといって、いきなり湯船につかるのは危険です!
シャワーやかけ湯で徐々に体を温めてから浸かるようにし、湯温は40度以下がよいとされています。
また、湯船から出る時は急に立ち上がらないようにしましょう。
高齢者や持病のある人が入浴する際は、家族がこまめに様子を見るなどして、未然にヒートショックを防ぎましょう。

・低めの温度でゆっくり温まる
入浴時にはいきなり浴槽に入らず、心臓に遠い手や足からかけ湯をするなど、
お湯の温度に体を十分に慣らしてから浴槽に入るようにすることで、急激な血圧の変化を防げます。
また、浴槽の湯温が高いと心臓に負担がかかります。38℃~40℃程度のぬるめのお湯から入り、熱いお湯を足して徐々に温めるようにしましょう。

・長湯をしない
長湯をすると心臓に負担がかかり、疲労感が増して転倒しやすくなります。
また、血圧が下がりすぎてしまい入浴後に血圧が急上昇すると、そのショックで症状が発生しやすくなります。

・浴槽から急に立ち上がらない
浴槽から出るとき、急に立ち上がると血圧は急激に下がります。立ちくらみを起こし、転倒のリスクが高まります。
手すりがあれば、万一めまいが起きても、倒れる途中でつかむことができ、転倒を防げます。

・・・・・・・・・・・・・・・
ヒートショックが原因での死亡者数は、なんと年間1万7千人にものぼるそうです。
先日テレビで、20代の女性がヒートショックで亡くなったというニュースを見ました。
若い方や健康な方でも、誰でもなる可能性がある恐い症状です。寒暖差に気を付けて入浴しましょう(^^)/

関連記事

最近の記事

PAGE TOP