今日は何の日?~冬至~

こんにちは!松井です(^^)
寒い日が続いておりますが、体調を崩されていたりしないでしょうか?(´ω`)
また、来週には雪予報が出ていますので、みなさまご自愛ください★

本日12月22日は、二十四節気のひとつ『冬至(とうじ)』です。
冬至とは、北半球において太陽の位置が1年で最も低くなり、日照時間が最も短くなる日です。
1年で最も日が短いということは、翌日から日が長くなっていくということになります。
そこで、冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各地で冬至の祝祭が
盛大に行われ、太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では冬至が暦を計算する上での起点だそうです(^^)

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が
甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意味の一陽来復(いちようらいふく)
といって、冬至を境に運が向いてくるとしています。
つまり、みんなが上昇運に転じる縁起の良い日なのです(・∀・)b

冬至というと、かぼちゃを食べたりなど昔からの風習がありますが
そのひとつに『ゆず湯に入る』という風習がありますね(^^)
ということで、今回はゆずについて調べてみました♪

■なぜゆず湯に入るの?
柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。こうした語呂合せから、冬至の日にゆず湯に入ると思われていますが
もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられているそうで、昔は毎日入浴しなかったので
一陽来復のために身を清めるために行っていたとされ、現代でも新年や大切な儀式に際して入浴する風習があります。
冬が旬のゆずは香りも強く、強い香りで邪気が払われるという考えもあったそうです。

また、ゆずは実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。
ゆず湯の効能としては、血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれる
クエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。さらに、香りによるリラックス効果もあるため
元気に冬を越すためにも大いに役立ちます★

■ゆず湯のやり方
ゆず湯の方法も、いくつかご紹介します(^^)

●丸ごとお風呂へ
ゆず1個や2個では香りを感じるほどにはなりませんので、たくさん入れたほうが良いでしょう。
●輪切りや半分にカットしてお風呂へ
ゆずは香りもよく、成分も出やすい方法です。
ただし、だんだん実がくずれて果肉や種がお湯に浮いてくるため、お掃除がちょっと大変かもしれません。
●ゆずをカットして袋に入れてからお風呂へ
ガーゼなどで袋を作り、中身が出ないようにします。ゆずが見えないのが残念ですが
香りや成分も出やすくお掃除も楽です。洗濯ネットでもOKです(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・
いかがでしたか?
ゆず湯に入って、冬の寒さに負けない体づくりをしたいですね∩( ´∀`)∩

関連記事

最近の記事

  1. 2019.11.7

    趣味の部屋
  2. 2019.11.3

    収穫の秋
PAGE TOP