げんき住宅とは?

齋藤
げんき住宅は大きく生まれ変わることになります。改めて、げんき住宅とは、どんなリフォーム店ですか?何が得意でどんな方向に向かっていく会社ですか?

竹内
わたしが考えるげんき住宅の強みは、大きく3つあると思っています。
まず、1つめ。工務のスキルが高い!様々な工務のプロがいるということです。
2つめ。リフォーム、新築、仲介、瑕疵対策など、我々だけで解決できることが多い!
3つめ。ポジショントークになりかねないですが、やっぱり、みんな、お客様のことを第一に考えている!ですかねぇ。

齋藤
そうですね、これまで、多くのお客様と接してきて分かったことは、やはり、お客様は、信頼できる人に任せたいという気持ちをお持ちですし、我々に任せて安心したいという気持ちを持っています。それらを、分かりやすくお伝えできることが、げんき住宅の強みだと思います。

げんき住宅の強み

齋藤
げんき住宅なら 住宅のことなら「ワンストップ」でおまかせ頂けます。

ワンストップとは?

谷口
ワンストップとは、最初から最後までしっかり責任をもって、家に関することなら全部まるごと引き受けさせていただくということです。「げんき住宅=かかりつけ工務店」として見ていただいけるとありがたいですね。
具体的には、建て替えから引き渡しまで、資金計画などお金のこと、そして、住宅にとって一番大事な、アフターフォローまでを責任もって対応いたします。
齋藤
ワンストップでアフターフォローまでできる会社だと、お客様には、どんなメリットがありますか?
谷口
先ほど、住宅にとってアフターフォローが大事と言いましたが、家は住み始めると、ちょっとした不具合などは出てくるものです。トイレはA社、お風呂はB社など、問い合わせ先が別々だと面倒ですよね。ワンストップサービスできるげんき住宅ですと、我々に問い合わせいただければ、解決できる。つまり、面倒くさくない!というのが大きなメリットかと思います。

近隣の配慮

竹内
先日、施工させていただいたお客様に「げんき住宅さんは近隣の挨拶をしてくれるんだねぇ!」という言葉をいただきました。逆にいうと、近隣の挨拶をしていない会社もあるのだなぁと、改めて思いましたが実情はどうなのでしょう?
谷口
我々の中ではあたりまえのことですが、一部の会社さんではあるようですね。当たり前のことをしっかりフォローできる会社でありたいのと同時に、業界全体も当たり前のことは当たり前にやっていく風潮になってほしいですね。

リフォーム専門店として

齋藤
げんき住宅は、リフォーム専門店ですが、専門店ということに対してみなさんはどう思いますか?
谷口
専門店の逆は量販店ということになるかと思いますが、大きく違うところは、工務担当者が全員有資格者というところでしょうか。リフォームは、ある一定以上の規模の施工は、有資格者がいないと施工できないのです。なので、有資格者の少ない量販店は、トイレなどの部分リフォームしか請負ってもらえない、ということはありえますね。
竹内
具体的にはどのような資格が必要なのでしょうか?
齋藤
ある一定以上の規模の施工は、建築士や施工管理技士の資格が必要となります。
谷口
また、万が一、何かあったときの瑕疵保証をしっかりしてくれるかどうかも重要なのですが、お客様は瑕疵保証のことをご存知ないことがあります。資格を持っていて理論的に詳しいのは当然のことですが、リフォームした後のことをしっかり考えてくれるのが専門店だと思います。
竹内
お金に関することでいうならば、補助金、助成金、住宅ローンなど、知っているか知らないかだけで大きく変わる制度がたくさんあります。国、県、市で重複して使える補助金もあります。私たちは直接お客様と接することが多いので、絶対に損させないような提案を心がけています。

げんき住宅 10則

齋藤
以下に、げんき住宅10則が書かれていますが、実践できていますか?げんき10則を守ることによって、お客様にどんなメリットを提示できていますか?

谷口
げんき住宅に入って、お客様を大切にする会社なんだなと思いました。イベントや感謝祭も多いですし、点検訪問もよくされていて、結果的に、げんき10則にのっとった行動をしているんですね。

PAGE TOP