2017年はリフォームがお得!住宅に関する補助金8選

2017年度(平成29年度)の住宅の新築、中古住宅取得時に利用できる補助金をまとめました。ご予定のある方は、ぜひご参考ください。

1.補助金について

平成29年において、住宅の新築、及び、住宅(中古住宅含む)の取得時に利用できるお得情報についてまとめています。チェック用にご活用ください。

1-1 エコ住宅への建替え補助金

平成28年10月11日、平成28年度第2次補正予算が成立し、「住宅ストック循環支援事業」として中古住宅やエコリフォームに対する支援が実施されることになりました。

住宅ストック循環支援事業の補助メニューとしては大きく分けて以下の3つの支援策が実施されることになります。

1-2 若者の中古住宅取得時のエコリフォーム補助金

平成28年10月11日、平成28年度第2次補正予算が成立し、「住宅ストック循環支援事業」として中古住宅やエコリフォームに対する支援が実施されることになりました。

1-3 エコリフォーム補助金

平成28年10月11日、平成28年度第2次補正予算が成立し、「住宅ストック循環支援事業」として中古住宅やエコリフォームに対する支援が実施されることになりました。

1-4 すまい給付金

消費税は平成26年4月1日より8%に引き上げられ、さらに、平成31年10月1日に10%へ引き上げられることとなっています。

その際、増税の適用基準日となるのが、住宅の引き渡し日です。 この引き渡し日が施行日以降となった場合に増税が適用されることになります。

1-5 地域型住宅グリーン化事業

平成28年度当初より実施されている本事業について、平成28年度第2次補正予算による第2回目の募集が実施されます。

グループ募集の受付期間
平成28年8月31日(水)から平成28年9月28日(水)(必着)

第1回募集に引き続き、優良な住宅に対する補助金が支給されます。

1-6 市町村住宅関連補助金

多く実施されているのは、耐震改修やリフォームを行なう際に,工事費等の一部を助成するというものです。省エネリフォーム、バリアフリーリフォーム、太陽光発電設備設置の際の補助金助成なども多く実施されています。

1-7 ゼロエネ住宅補助金

平成28年度(補正予算) ネット・ゼロ・エネルギーハウス普及加速事業費補助金
補助額 定額125万円一定の条件(寒冷地特別外皮強化仕様)を満たす場合150万円
所定の要件を満たす蓄電システムを導入する場合には、補助金額を蓄電容量1kWh当たり5万円(上限50万円)を加算
公募期間 一次公募 平成28年11月4日 ~ 平成28年12月2日 17時必着
二次公募 平成28年12月12日 ~ 平成29年1月13日 17時必着
三次公募 平成29年1月23日 ~ 平成29年2月17日 17時必着
四次公募 平成29年2月27日 ~ 平成29年3月24日 17時必着
交付決定 一次公募受付物件 平成29年1月18日
二次公募受付物件 平成29年2月下旬(予定)
三次公募受付物件 平成29年3月31日(金)
補助概要・主な要件等
  • 交付決定日以降に本事業に着手すること
  • 申請者が常時居住する専用住宅
  • 年間の一次エネルギー消費量がネット(正味)で概ねゼロ等
  • 一定の断熱性能、設備要件を満たすこと
  • 太陽光発電システム等の再生可能エネルギーシステムを導入
  • 申請する住宅はSIIに登録されたZEHビルダーが設計、建築または販売を行う住宅であること。

など・・・

SII:一般社団法人 環境共創イニシアチブ
ZEHビルダー:本事業の趣旨などに基づき、自社が受注する住宅のうちZEH が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標を 掲げるハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等

1-8 エネファーム設置補助

家庭用燃料電池システム「エネファーム」を住宅等に導入する方、またはリース等により提供を行う方に対して、その購入費用の一部を国が補助する制度です。

平成28年度 民生用燃料電池導入支援事業 補助金制度補助金の額新築 最大19万円/1台
既築 最大22万円/1台
募集期間平成28年4月11日(月)~平成29年1月31日(火)(延長)平成29年2月17日(金)特徴・
補助要件等住宅及び建築物に補助対象エネファームを導入し、6年間以上継続して使用できるなど。

2.まとめ

2017年度(平成29年度)の住宅の新築、中古住宅取得時に利用できる補助金をまとめました。ご予定のある方は、ぜひご参考ください。

関連記事

最近の記事

  1. 2018.10.16

    続 秋の気配
PAGE TOP