水まわりピカピカ大作戦♡ ~基礎知識編~

こんにちは!松井です(´∀`*)
11月も終わりに差し掛かり、いよいよ師走が近付いてきていますね★
年末は大掃除をされる方も多いのではないでしょうか?

そこで、おうちの水まわりを中心とした部分のお掃除方法をご紹介します(^^)/!

掃除したいけれど、どこから手を付けたらいいのか・・・
この汚れが落ちなくてずっと放置している・・・

などなど!悩まれている方はぜひ、このブログを参考にしてください(*´艸`)
お掃除する場所に分けて、複数回シリーズでお送りします(^^)
今回はまず、汚れの種類と洗剤の使い方の基礎知識からお勉強していきましょう♪

■汚れの基礎知識
効率よくお掃除をするためには、汚れの種類を知ってそれに合わせた
掃除方法を選ぶのがいちばんです。軽い汚れのうちなら手間も少なく
材質や環境への悪影響も防ぐことができます(^^)
水まわりの代表的な汚れをご紹介します★

・白っぽい水アカ
場所:水栓金具の先端やシンク、吐水が落ちるところ、便器の内側など。
原因:水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムが、水分の蒸発後に残ってできる。
対処:中性洗剤で落とし、水拭き+乾拭き。ガンコな汚れはスポンジにクリームクレンザーなどをつけて磨き、水拭き+乾拭き。

・ピンク色の汚れ
場所:トイレや洗面台の排水口や便器の内側、浴室の床や壁。
原因:せっけんやアカなどを栄養源として、水中の細菌(バクテリア)が繁殖したもの。
対処:中性洗剤で落とし、水拭き+乾拭き。栄養源となるせっけんカスなどを残さない。

 

・黒や紫、ピンクのカビ
場所:浴室の床や壁、キッチンカウンターの境目に使われるシリコンシール材、便器の内側など。
原因:湿度が高い場所で、せっけんやアカ、汚れを栄養源に繁殖。
対処:中性洗剤で落とす。ガンコな汚れにはカビ取り剤が効果的。シリコン材にはわりばしの先に布を巻きつけ住宅用弱アルカリ性洗剤をつけてこすり水拭き+乾拭きをする。

・もらいさび
場所:浴槽や洗面台、キッチンカウンターなど。
原因:濡れたヘアピン、カミソリ、スプレー缶などをカウンターに放置したため。
対処:スポンジか歯ブラシにクリームクレンザーをつけて、表面を傷つけないように落とし水拭き+乾拭きをする。

・ヌメリ
場所:排水口や排水口トラップ、ゴミ収納バスケットなど。
原因:細菌やカビなどの微生物がかたまりになってできる。
対処:中性洗剤をつけて洗う。細かいところは歯ブラシなどを利用する。
こまめに汚れを落として、細菌やカビの栄養源を絶つ。

 

■洗剤の種類と使い方
ふだんの汚れには中性洗剤で十分ですが、汚れがひどくなると
こびりつきはクリームクレンザー、水アカは酸性系、油汚れはアルカリ性系と
洗浄力が強いものが必要になってきます(´ω`)
洗浄力が強い洗剤は、注意書きをよく読んでご使用ください。
また、使用する材質によっては傷んでしまう場合がありますので、ご注意ください。

・トイレ用中性洗剤
黄ばみや黒ずみなどの汚れに適した成分が含まれています。
便器やタンクに使います。

・住宅用中性洗剤
手アカやホコリ、軽い油汚れなどに適しています。
キャビネットやドアノブなど、住まい全般に使えます。

・住宅用弱アルカリ性洗剤
壁や床、家具んどの一般的な汚れに効果的。
用途に合わせて、水やぬるま湯で薄めて使用します。

・浴室用中性洗剤
せっけんカスなどに強い成分が含まれています。
洗剤が残ると変色の原因になるので、よく洗い流してください。

・台所用中性洗剤
キッチンのほか、浴室やトイレの中性洗剤の代わりとしても使えます。
洗剤が残ると変色の原因になるので、よく洗い流してください。

・油汚れ用弱アルカリ性洗剤
特に油汚れに対する分解力が強い洗剤です。
スプレー後、長時間そのままにしたり、洗剤が残ると変色や
さびの原因になるので、よく拭き取ってください。

・クリームクレンザー
弱アルカリ性の微粒子で、こびりついた汚れを研磨して落してくれます。
こすりすぎると素材が傷つくことがあるのでご注意ください。

・酸性、アルカリ性、塩素系洗剤
中性よりも強力な洗剤なので、使用方法をよく読みゴム手袋をして使います。
塩素系と酸性は、絶対に混ぜて使わないでください。

・カビ取り剤、パイプ用洗浄剤、ふろ釜用洗浄剤
アルカリ性の洗剤です。洗剤成分が残ると変色やさびの原因になるので
よく洗い流してください。

・食用酢
ついてすぐの汚れには効果的で、殺菌効果も期待できます。
においが強いので薄めて使用してください。

・重曹
粒子が細かく傷がつきにくいため、コーキングの黒ずみやシンクの水アカなどに
適しています。脱臭剤として置くのも効果があります。

いかがでしたか?
こういった基本的な知識があると、どの汚れにどの洗剤やお掃除方法が
適しているかなど、わかってくると思います(^^)
次回から、場所ごとのお掃除方法をご紹介していきます(^^)/オタノシミニ!

関連記事

最近の記事

  1. 2018.12.10

    タイヤ交換 ⛄
PAGE TOP