我が家の★お片付け革命 ~整理編~

こんにちは!松井です♪
先日の記事でお話ししましたとおり、ゴールデンウィークのお休み中に
自分の部屋のお片付けをしました\(^ω^)/
元々、モノをなかなか捨てることができない性格なので(別名:もったいない病w)
お部屋、いえ汚部屋はあらゆるモノであふれていました・・・笑
そんな、お片付けスキルはゼロ、むしろマイナスというレベルのわたしでしたが
整理収納アドバイザー、住宅収納スペシャリストとして勉強してきたことを
活かそうと、意気込んでおりました(`・ω・´)
みなさまの中にも、ご自宅の整理収納に悩んでる方がいらっしゃるかもしれないので
ほんの、ほんとにほんの少しでも参考になれば・・・と思いながら書かせていただきます★

大掛かりなお片付けに手を付ける前に、今回はじめて実践したことがふたつありました(^^)/

①何をするか事前にリストアップ!
過去、頭の中ではあれもしたいこれもしたい と思い描いてはいましたが
実際に始めると、想像した通りには進まずに思いのほか時間がかかり
手を付けたいと思っていても、あきらめてしまった部分もあったからです。
今回はそういうことがないよう、時間的・物理的に無理のない範囲で
お片付けする場所・やることなどをリストアップして、その日に立てた行動をこなすことを目標にしました★

こんなかんじで^^
完了できた項目にお花を付けて管理していました★

②収納グッズを事前に買わない!
過去にはお片付けをはじめる前に、とりあえずで収納グッズを買ったはいいものの(形から入るタイプです笑)
実際に片付けをはじめると、結局使わずに埋もれてしまう・・・というあやまちをおかしてきました(^^; 笑
散らかった部屋を片付けてキレイにするためにやることは、「収納を増やす」ことではなく
「不必要なモノを捨てる」ということです。
なので、まずは「必要なモノと不必要なモノを分けて、不必要なモノを捨てる」という作業に
注力しようと考えました(^^)

今回は事前に計画を立てたので、いつも以上に収納グッズを買いたくて買いたくて
震えそうになりましたが、グッとこらえてガマンです(..)
夜な夜なネットで収納グッズを調べては買いたい衝動に駆られていました。笑
なので、この衝動をおさえようと思い、お店で下見をしてきました(^^)/←
あくまで、この段階では下見だけですw
思い描いているイメージに合うか、サイズに問題がないかを実物を見て確認し
順調にお片付けが進んで、何を入れるために必要なのか、どこにしまえるのか、それがわかってから
それでも必要だったら買おう と心に決め、目星だけ付けて手ぶらで帰りました笑
連休中に、某インテリアのお店に3回行きました。(どんだけ)
そしてこの判断が、後に明暗を分けることになりました。笑

・・・・・・・・・・・・・・・

さあ、いよいよお片付けに取りかかります(`・ω・´)!
今回特に意識したことは
・部屋のいたるところに混在している不必要なモノを取り除く(=整理する)
・持っているモノの適正量を見直す
・減らしたモノを使用頻度にわけて収納
という部分でした★

どういう流れで取りかかっていったのか、過去の失敗談と合わせて書いていきます(^^)/

Step.1 片付けたい場所のモノを全て取り出す!
モノを「要る」「要らない」に分類するために、片付けたいところに入っているモノを全て引っ張り出しました!
わたしの場合、今回は押入れとベッドの下が特に片付けたい場所でした。
一気に全部はなかなかできないと思うので、まずは最も片付けが必要な場所、モノが多い場所、
範囲が広ければ、棚一段や、引き出し一段から始めてもいいかもしれません(^^)

過去のお片付けでは、片付けたい場所から要らないモノだけを取り出して、要るモノを少しずつ整頓して
とりあえずまとめていくという、なんともまあー効率の悪い片付け方をしていました。笑
まずは!全てのモノを出して、何が入っているかを知るところから始めましょう★
数年振りに(十数年振り?w)押入れがからっぽな状態を見ました笑
こんなに広い収納スペースを持っていたんだと実感しました。

(わたしの部屋の純和風押入れです笑)

Step.2 「要る」「要らない」を分類していく!
判断するポイントは、「どのくらい使っていないか」というところを基準にしました。
「これ、こんなところにあったんや~」「わー、これなつかしー!」というレベルは
前回使ってから数年単位で経過していることがほとんどです。
なので、わたしの場合はそういうレベルのモノは要らないと判断し、かなり量を減らしました。
ココでモノの懐かしさや思い出に浸ってしまうと、なかなか進まなくなってしまうので 笑
今の自分に必要なモノかどうか。なるべく考えすぎずに、直感でサクサク振り分けていきました(^^)
どうしても判断ができない!というモノは、一旦「保留」に分類するという方法もアリです★
わたしも、まだ要らないとまでは判断しきれないモノがあったので、使用頻度が低いモノ専用の
ボックスを作り、そこに収納できる量だけを収めて保管することにしました。
これは来年のお片付けの際に再度見直して、また「要る」「要らない」を判断します(^^)

(保管用の箱多くない?というツッコミはなしでお願いしますw)

Step.3 カテゴリー別に分類する!
わたしの場合は、Step.2の分類と並行して、
必要なモノをさらに服類、カバン・・・などなど、カテゴリーにもわけていきました。

Step.4 使用頻度別に分類する!
カテゴリーにわけたものをさらに、使用頻度でもわけていきました。
毎日使うモノ、2~3日に1回使うモノ、週1回程度使うモノ、月1回程度使うモノ、年1回程度使うモノ・・・
ここまでくると、かなり細かく分類することができました(^^)
不思議なもので、Step.2の段階では「要る」に分類されていたものでも
Step.3~4の段階で「要らない」モノになったモノもありました。

このあとは、いよいよ!分類したモノを収納していきます(^^)

つづきます(^^)/!

関連記事

最近の記事

  1. 2019.05.21

    計画中♡
  2. 2019.05.15

    幸せな気分♪
PAGE TOP