今日は何の日?~秋の彼岸入り~

こんにちは★松井です∩( ´∀`)∩
本日9月20日から、『秋の彼岸』に入ります。
2018年は、9月23日の秋分の日を中日とした
9月26日までの期間が秋の彼岸に当たります。
「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので
最近は昼間でも、過ごしやすい日が続いていますね(^^)
朝晩は冷え込む日も増えてきましたので
風邪などひかないようにお気を付けください★

お彼岸といえば
おはぎを食べる日!
お墓まいりですね(=゚ω゚)ノ

春の彼岸も同様ですが、春分・秋分の日には、太陽が真東から昇り
真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じとなります。
このことが、彼岸と此岸(しがん)がもっとも通じやすくなる日だと考えられ
その期間に自分を見つめなおし、先祖供養をする習慣が根づいたそうです。
このことから、お彼岸には
・家族揃ってお墓の掃除をし、お参りする
・仏壇の周りを掃除する
・おはぎや故人の好きなだったものをお供えする
という習慣になったそうです。

ということで今回は、お墓のお手入れ方法をご紹介します(^^)/

■お墓のお手入れ方法
【準備するもの】
・雑巾やタオル
・やわらかいスポンジや歯ブラシ
・鎌
・軍手
・ザル(玉砂利を洗う場合)

① お墓のある区画の清掃
落ち葉集め、雑草を除去し、玉砂利が汚れている場合は水洗いしましょう。

② 墓石の水洗い
スポンジに水を含ませて洗います。コケがついている場合は取り除きます。
細かい部分は、歯ブラシを使って洗いましょう。

③ 小物類を洗う
花筒や線香皿などを洗います。お墓から外れるものも多いので
中身を取り出してきれいにします。

④ 水を拭き取る
乾いたタオルで水気を拭き取ります。
水分が残っているとコケが生えてしまうため、丁寧に拭き取るようにしましょう。

お墓がキレイになると、ご先祖様もよろこんでくれると思います★
お彼岸の意味をあらためて理解できたので、わたしもお墓まいりに行き
日々の幸せをご先祖様に感謝したいと思います(´∀`*)

関連記事

最近の記事

  1. 2018.10.16

    続 秋の気配
PAGE TOP