もうすぐ年末!大掃除の裏技ご紹介♪

こんにちは(^^)/松井です♪
みなさま!いよいよもうすぐ今年も終わりますね!
今年の汚れは今年のうちに♪ということで、大掃除をされる方も多いと思いますが
お掃除がはかどる、汚れを効果的に落とすテクニックをご紹介します(^^)

【テクニック①】網戸の汚れにはメラミンスポンジが効果的♪
水で濡らしたメラミンスポンジで網戸を軽く擦るだけで、メラミンスポンジが真っ黒になるぐらい汚れを落とすことができます。
特に網戸の隅などの細かい部分には効果的です。※あくまで軽く♡が鉄則!網戸は伸びやすいので注意が必要です!
最後に、網戸に付着したスポンジの削りカスなどは、テッシュでつまむか掃除機で吸い取りましょう。

【テクニック②】天井掃除に役立つストッキング♪
ホウキの柄や定規などの先にストッキングを取り付ければ、高いところにも届く即席のハタキになります。
ストッキングはビックリするほどホコリを取ってくれるので、電気のカサに付いたホコリを落とすのにも便利です。

【テクニック③】お風呂の天井にはフローリングワイパー♪
イスや踏み台に乗っての作業は危険がつきもの。その点、柄が長いフローリングワイパーなら安全にお掃除が進められます。
フローリンングワイパーの先に水で濡らして固く絞った雑巾を取り付け、拭き掃除をします。
汚れが酷い場合には、雑巾に中性洗剤などを染み込ませましょう。

【テクニック④】キッチンのガンコな油汚れには熱湯付け置き♪
ゴシゴシ洗ってもなかなか汚れが落ちない換気扇やガスコンロの部品などは、熱湯を使ってお掃除します。
熱湯と洗剤が入った袋や耐熱の容器などに入れて20~30分浸け置きすると、汚れが浮き出してきます。
あとは、スポンジなどで擦り洗いすればOKです。
しつこい油汚れは、力技では落としにくいもの。
無理に擦るよりも、汚れを浮かび上がらせてから落とすのがかしこい方法です(^^)

【テクニック⑤】付け置きできない部分にはラップ&キッチンペーパー♪
キッチンの壁などの浸け置きできない部分には洗剤を吹きかけ、キッチンペーパーとラップをかけます。
ドライヤーなどで熱を加えれば、さらに効果的です。しばらく置いたら、ラップを剥がしてキレイな布で洗剤を拭き取りましょう。
このテクニックは、お風呂のカビ汚れなどにも使うことができるので、いろんな場所で応用できます♪


・・・・・・・・・・・・・・・
年末の大掃除には、普段は手の付けられないところも徹底的にキレイにしたい!と思われる方も多いと思います。
でも、年末は何かとやることが多くて時間が足りない!そんなあなたへのオススメでした(/・ω・)/
ご紹介したテクニックを使って、ゆとりをもって大掃除を終わらせてから新年を迎えましょう♡

関連記事

最近の記事

PAGE TOP